節税効果が高いiDeCoの利用価値を信じています

もともと長期投資を行ってきました。銀行と証券会社を通じ、毎月積み立て方式の投資信託に投資を行っており、300万円ほど積み立てたところで1割程度の利益を得ています。

しかし、一時期は140万円程度を投資して5%を超えるくらいのマイナスを抱えた時期もありました。今では教訓を学んだつもりでして、「失敗をしない」よりも「ある程度の失敗は止むを得ない」という心構えで投資信託の積み立てを未だに続けています。

長期投資を前提とし、しかも節税効果が高いiDeCoを知った際は、さっそく利用してみることにしました。元から利用していた証券会社がそこそこ安い講座利用手数料を掲げていたこともありあり、同じ証券会社でiDeCoを利用申請しました。

運用商品はバランス型投資信託で、そのうち手数料の安いもの。具体的な中身は、日本・先進諸国・新興国の株式と債券をバランスよく混ぜたインデックス投資信託です。これにより大きなリターンは期待できない代わりに安全な分散投資を行うことができますし、一時的に損失が出るとしても長期的な運用に適していると考えられたからです。

最大のメリットは今の時点では分かりませんが、退職所得・公的年金の控除に期待しているところです。