貯蓄のなかった私たちの今までとこれから。

旦那さんは私と付き合いだした頃、あまり貯蓄の意識がない人でした。当時22歳と若かったこともありとにかく車にお金をかけていて、車のローンがあったことに加え、貯蓄はそれほどありませんでした。その頃はあまり気にしていませんでしたが、結婚を意識するようになり、2人で貯蓄をしようということになりました。

とりあえずの目標は結婚式の費用。海外で挙式、国内で披露宴をしたかった私たちは、目標額500万円で貯蓄を始めました。旦那さんは私に、通帳などお金の管理を任せてくれました。

結果としてその後貯蓄は成功し、私たちは理想通りの結婚式をすることができました。一番効果があったと思うのは銀行の積立でした。それぞれ給料が振込になる銀行で積立の契約をし、無理のない程度に毎月貯蓄をしました。ボーナスが出た時は半分以上を定期預金にしました。ボーナスの時期は定期預金の金利が良くなると聞いて、銀行に確認して預けました。正直驚くほど利息がつくわけではありませんでしたが、どうせ使わずに通帳に置いておくよりは良かったと思うし、何より通帳にお金があると使ってしまうので、それを防げたことが大きかったと思います。

旦那さんにも貯蓄の癖がつき、マイホームの頭金も思っていた以上に準備できたので嬉しかったです。昨年子供が生まれ、今は子供のために貯蓄をしています。積立や定期だけでなく、学資保険や運用商品など、自分たちなりに勉強をして効率よく、無理なく貯蓄を続けていきたいと思っています。