キャッシングの借り入れ額は限度額が基準になります

キャッシングには総量規制という収入による借り入れ制限があり、合計して年収の1/3を超える借り入れを行うことはできません。

この計算には実際の借り入れ金額ではなく、現在の限度額が適用されます。例えば50万円の限度額で契約を行っていて、実際にはそのうちの15万円しか借りていない場合でも、総量規制上では50万円として計算されます。このケースで年収が300万円とすると、他社を利用して借りることができるのはあと50万円までということになります。

このように、実際には借りていないのに、そこまで借りていると計算されてしまうことを”与信”と言います。限度額が50万円のキャッシングの契約を行っていると、50万円の与信を持っているという扱いになるのです。

この与信の金額は、借りる気になればいつでもそこまで借りられるので、今借りているのと同じという扱いになります。完済をしてもそのまま契約だけは続けていると、限度額は与信として残ったままです。新たなキャッシングを契約する際に、一切借り入れをしていないのに他社から借り入れがあると言われてしまうことがあるのはこの為です。

キャッシングの与信はローン契約にも影響を与えることがあります。特に車のローンや住宅ローンなどの高額なローン契約を結ぶ際にこの与信を持っていると、審査に不利に働く可能性があるので注意してください。

契約そのものを解約してしまうと、その契約に対する与信も無くなります。下手にキャッシングの与信を持っていると上記のように何かと不利になることもあるので、もう使わなくなったキャッシングは早めに解約しておいた方がいいかも知れません。

ただし、一度解約をしてしまうと、また利用したくなった時には再びそのキャッシングに申込みから行わないといけません。解約はこのことも考えた上で行ってください。