キャッシングの金利には上限があります

消費者金融等から提供されているキャッシングサービスは計画的に利用すればとても便利なサービスと言えます。趣味のお金がちょっと足りなくなってしまったり、お子さまの習い事のお金がちょっと足りなくなってしまったりしたときなどにキャッシングを利用するとすぐにお金を借りることができます。

消費者金融からお金を借りることにあまり良い印象を持っていない方もいらっしゃるとは思いますが、それは勘違いから来ていると言っていいのだと思います。一般的に消費者金融のキャッシングは利息が高くなると思っている方が多いようです。事実として言えば、銀行のカードローンを利用するより金利は高くなりますが、高くなるのは数%というところです。

2倍も3倍も高くなるわけではありません。消費者金融の金利は、消費者金融が勝手に上限を決めることはできないのです。利息制限法という法律によって上限金利は20%までと決められているのです。現時点では消費者金融の多くは上限金利を18%前後に設定しているようです。

この点を理解しておけば、安心して利用できる消費者金融を選ぶこともできます。上限金利を21%以上に設定している金融機関は法律を無視していることになるので、逆にこちらからそのような金融機関は無視してしまえばいいわけです。消費者金融の金利は法律により上限が決められているということを理解しながら利息に気を付けてキャッシングを利用してくようにしましょう。