キャッシュレス決済が可能ならキャッシングは利用しない方が良い!

今や日本国内でもキャッシュレス化が促進され、クレジットカードによる支払、銀行口座から直接の振込決済といった流れが増えています。東京オリンピックに向け政府もキャッシュレス化を推進しており、クレジットカードが利用出来ない会社や店舗は今後も減っていくことが予想されています。

クレジットカード決済なら一括払いで手数料無料、分割払いでもキャッシングより低い年率が適用されるのが実状です。つまり、クレジットカードが利用できるのであれば、キャッシングを利用して現金支払いする方がコストが高くなってしまいます。

また、現金を借り入れする際にも無駄にATM手数料が掛かってしまうケースもあり、安易にカードローンを利用するのは無駄な費用を掛けてしまいます。カードローンやフリーローンは、利用目的が自由であることから資格取得費用やレジャー費用、医療費などにも充当することが出来るものの、これらもキャッシュレス決済が可能なケースが多くなっているため、敢えて利用するメリットは少なくなっています。

先ずは、現金でしか支払が出来ないといったことに限定して利用するのがおすすめです。